水道修理は定期的に必要なもの

水道修理は定期的に必要なもの 水道管などのメンテナンスを行っていますか?このように言われて「ノー」と答える方も結構多いのではないでしょうか。水道管はなかなか見えないので、普段から意識していない人も多いでしょう。しかし、もし壊れてしまうと、水道が使えなくなって、日常生活に深刻な影響をもたらします。そのため、水道の修理も必要に応じて行いましょう。

■メンテナンスの重要性

水道管は新品の時はきれいで、機能面ももちろん問題はありません。しかし時間が経過すればするほど、経年劣化でどんどん問題が出てきます。汚れがどんどんたまっていくでしょうし、さび付いていく可能性もあります。ちなみに住宅を引き渡す前までは公的機関が掃除などのメンテナンスを行います。しかし、引き渡し後はその家庭の責任において管理しなければなりません。もし鉄っぽいにおいがする、赤茶けた水が出ているのであれば、業者に相談して早急にメンテナンス・修理を行うといいでしょう。ちなみにマンションの場合、管理会社の方で特定の業者と契約しているはずです。そしてこの業者が一括してメンテナンスの担当をしているため、あまり意識する必要はないでしょう。しかし、もしかするとメンテナンス前に水の異変に気が付く可能性もあります。その場合には、管理会社に連絡するといいでしょう。

■排水管のメンテナンスも必要
排水管はもともと排水などの汚れた水を流すところなので、劣化が進みやすい傾向にあります。シンクやキッチンそのものは掃除をこまめにやっていてきれいなのに、なぜか生臭く感じるのであれば、配水管の中身が汚れていることに原因があるかもしれません。例えば長年使っていると油や髪の毛が排水管にへばりついてしまうことがあります。症状が進むと、こぶのようになってしまい、排水の流れを滞らせてしまうことも考えられます。このように油汚れや髪の毛がたまってしまうと、生ごみのような悪臭を放つかもしれません。もしこの悪臭を放置していると、配水管が詰まってしまって、最悪排水が逆流する可能性もあります。配管は必要に応じて交換したほうがいいでしょう。配管はきっちりメンテナンスをしていても、20年くらい経過したら寿命を迎えると思った方がいいです。

■水道修理のタイミングはいつ行うべき?

水道 修理のタイミングですが、本格的に故障して水が流れなくなってからでは遅いです。そうなると多少の期間は水が使用できなくなって、何かと不便になります。まず排水管ですが、5年くらいで一度業者にお願いしてメンテナンスをした方がいいでしょう。ただし使い方を間違えていると、修理の期間も狭まります。油をそのまま排水管に流さないようにすること、40~50度のお湯を定期的に流すことがおすすめです。後者のお湯を流す理由ですが、中の汚れがこびりつきにくくなるからです。そのほかには重曹を使って汚れを浮かせて落とすといった方法もあります。
水道管の方ですが、15~20年が交換の目安といわれています。水道管の場合、時間の経過とともに錆が目立つ可能性が高いからです。よく、水を出したところ、茶色い水が出てきたという話もありますが、これが錆です。水道管を樹脂製にした場合、さびにくくなります。この場合、金属を使ったものと比較して長持ちするのでおすすめです。

■まとめ
配管は普段あまり気にしないという方が多いでしょうが、いったん故障・不具合を起こすと大変不便です。長く生活を続けるのであれば、定期的にメンテナンスをすることが大事です。管に負担のかかるような使い方はなるべく控える、定期的に業者に管内の掃除をしてもらうなどの対策を講じましょう。特に一軒家の場合、自分ですべて管理しなければならないので自覚を持つことが求められます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース